いわて食・農ネット

iwanone.exblog.jp ブログトップ

フォーラム「『漁業法改定』は沿岸漁業に何をもたらすか」

東北沿岸漁民緊急フォーラム
「『漁業法改定』は沿岸漁業に何をもたらすか」
【日時】2018年11月19日(月)
     14:00 ~ 17:00
【会場】サンビル7階 ホール
 (岩手県盛岡市大通1丁目2−1 岩手県産業会館)


【プログラム】
■開催趣旨説明 二平 章(茨城大学客員研究員)
■報 告「漁民に知らせず成立ねらう改定漁業法案の驚くべき内容」
長谷川 健二(福井県立大学名誉教授)    
「沿岸漁家・漁協経営を破綻に導く改定漁業法案に反対」
濱本 俊策(香川海区漁業調整委員会会長)
■意見表明 赤間廣志(宮城県漁業調整委員会委員)
      菅野修一(岩手県漁業調整委員会委員)
      片山知史 (東北大学教授)
      綱島不二雄 (元 山形大学教授) そのほか参加者より
■各党地元国会議員要請 

主催:JCFU全国沿岸漁民連絡協議会,
   漁業法改正法案に反対する漁業経済研究者の会,
   NPO法人21世紀の水産を考える会

e0330789_22081244.jpg
安倍内閣は11月6日に、沿岸漁民の漁業権を企業に売り渡す「漁業法改定案」を閣議決定。「今国会で成立させる」と表明しました。この法案では
①養殖用漁業権免許を漁協を通さず知事が企業に直接免許
②地元漁民に優先的に与えられた定置漁業権を知事裁量で直接企業に免許
③海区漁業調整委員会を公選制から知事の任命制に変更
④沖合漁業の漁獲効率を一層高め、沿岸資源圧迫につながる漁船トン数制限撤廃
⑤大規模漁業を優遇し小規模漁業を困窮化へ導く漁獲量割当(TAC)制度の導入
…などを行うとしています。
この案が通れば沿岸漁家・漁協の経営はいっそう困難になり、地域経済も疲弊してしまいます。地域創生とは真逆の悪法だと言わざるをえません。漁業関係者に「ていねいな説明」もせず、声も聞かずにすすめている改定案。その内容と問題点をさぐります。




# by iwanone | 2018-11-10 22:09

機関誌42号が出ました!

お知らせが遅くなりましたが、いわて食・農ネットの機関誌「いわて食・農ネット」第42号ができました!
すでに会員の皆様にはお届けしていますが、あらためてご案内です。


~「いわて食・農ネット」第42号 2018年8月28日 発行~
 ■まだまだ流動的な「TPP11」そして実りの秋にむけて「日欧EPA」に要注意!
 ■おびやかされる食の安全 ~遺伝子組み換え、ゲノム編集~
 ■「米・麦・大豆のタネ」はどこで誰が作っているの?
 ■ひまわり油がひらく地域の未来 ~一関市大東町「デグノボンズ」
 ■インフォメーション
       (A4 8ページ モノクロ)


種子法の関係で関心が高まっている県の種子事業や、「ゲノム編集」など育種にかかわる新技術も紹介しています。

どうぞご覧ください。

e0330789_09224122.jpg
機関誌は、いわて食・農ネット会員の皆さんにお届けしています。
ご購読を希望される方は、ぜひご入会ください!

いわて食・農ネットは、食の安全と地域の農業を守るための集まりです。
会員の皆様には機関誌「いわて食・農ネット」(年4回発行)をお届けする

ほか、企画の案内などを随時さしあげます。
個人会費は年間1000円。

入会ご希望の方は
  〒020-0690
   岩手県滝沢市土沢220-3 岩手県生協連内 
   電話:019-684-2225
   FAX:019-684-2227
  E-mail:Iwate.Nouminren@kamogawa.seikyou.ne.jp
(アットマークを半角にしてください)
に氏名・住所をお知らせ下さい。
機関誌と振り込み用紙を同封してお送りいたします。


# by iwanone | 2018-10-23 09:24

いわて食・農ネット 機関誌第41号ができました!

いわて食・農ネットの機関誌「いわて食・農ネット」第41号ができました。


~「いわて食・農ネット」第41号 2018年4月25日 発行~
 ■地域から食と農を守る、共同をさらに!2018年度総会開催
 ■おしよせる食の危機 ~フリージャーナリスト 天笠啓祐さんの講演より
 ■知らない間にすすめられる 危険な「TPP11」
 ■インフォメーション
       (A4 6ページ モノクロ)

e0330789_11483390.jpg

今号は6ぺージだて。
滝沢市の酪農家にインタビューした記事も掲載しています。

機関誌は、いわて食・農ネット会員の皆さんにお届けしています。
ご購読を希望される方は、ぜひご入会ください!

いわて食・農ネットは、食の安全と地域の農業を守るための集まりです。
会員の皆様には機関誌「いわて食・農ネット」(年4回発行)をお届けする

ほか、企画の案内などを随時さしあげます。
個人会費は年間1000円。

入会ご希望の方は
  〒020-0690
   岩手県滝沢市土沢220-3 岩手県生協連内 
   電話:019-684-2225
   FAX:019-684-2227
  E-mail:Iwate.Nouminren@kamogawa.seikyou.ne.jp
(アットマークを半角にしてください)
に氏名・住所をお知らせ下さい。
機関誌と振り込み用紙を同封してお送りいたします。



# by iwanone | 2018-05-16 11:49

野口勲氏 記念講演『いのちの種を未来に』

【企画名】岩手県有機農業連絡協議会
  野口勲氏 記念講演『いのちの種を未来に』

【日時】2018年5月15日(火)13:00~17:00
  (入場無料/協議会入会および年会費受付)
 ※当日、年会費1000円のお支払いも承ります

【場所】ふれあいランド岩手 ふれあいホール 定員200名
    (盛岡市三本柳8-1-3)
【内容】
 13:00開場,協議会報告
 13:30記念講演:野口 勲さん
    埼玉県飯能市で固定種の普及活動をされている野口勲さんを招き、
    F1種子や遺伝子組み換え技術、そして日本の種子法が廃止されるなど、
    現在注目されつつある『種』の問題から見た農業と、
    私たちの暮らしについてのお話をいただきます。
 17:00閉会

【主催】岩手県有機農業連絡協議会

※予約、問合せは下記メールまたはファックスにて受付ます。
Email info@oraganet.com (アットマークを小文字になおしてください)
FAX050−3737−4811 /日野まで

~講師プロフィール~
野口勲(のぐち いさお)
1944年生。
成城大学文学部へ入学するも虫プロ出版部入社のため中退。
手塚治虫の担当編集者となり「火の鳥」初代担当となる。
虫プロ退職後、家業の種苗業を手伝いながら、みかど育種農業で育種の研究を受けた後、種屋を受け継ぐ。
伝統野菜消滅の危機を感じ、地元はもちろん、全国各地の固定種の種を取り扱い、現在に至る。
全国各地で講演多数。
第33回山崎記念農業賞受賞(2008年)。
野口のタネ・野口種苗研究所代表
著書「タネが危ない」(日本経済新聞出版社)

e0330789_13080877.jpg

チラシpdf:266kb


# by iwanone | 2018-05-08 13:10

第31回 食と農と地域の未来を見つめるシンポジウム

農産物価格の下落、市場競争の拡大、米直接支払い等の廃止など、将来を見通せない状況の一方で、国際的には食料や環境など多様な面から「家族農業」の重要性が強調されています。
地域に根を張りがんばっている若手農業者の声に耳を傾けながら、食と農と地域の未来を考え合います。
みなさんの参加をお待ちしています。
【企画名】第31回 食と農と地域の未来を見つめるシンポジウム
    若手農業者に聞く
     ~農業への思いと、描く将来~
【日 時】3月18日(日) 13:30~15:30
【会 場】北上市生涯学習センター 第1学習室
(北上駅向い おでんせプラザ3F)
【内 容】
  ◇話題提起(シンポの主旨・情勢)
     ~ 横山英信 農民大学学長
  ◇パネルデスカッション
パネラー 〇橋本 勉さん(奥州市水沢区)
  ◇全体討論
【参加費】500円(資料代)
どなたでも参加いただけます


問合せ: 岩手農民大学 事務局(岩手県農協労組)
電話 019-656-7411  FAX 019-656-7412
メール inr@echna.ne.jp
 (アットマークを半角になおしてください)

e0330789_17123218.jpg
チラシ:pdf206kb


# by iwanone | 2018-03-14 17:14

いわて食・農ネット(いわて食・農・地域を守る県民運動ネットワーク)の活動をお知らせします。E=mail:Iwate.Nouminren@kamogawa.seikyou.ne.jp(アットマークを半角に)。ツイッター:@iwatenone 。


by iwanone
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite