いわて食・農ネット

iwanone.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

いわて食・農ネット 機関誌第41号ができました!

いわて食・農ネットの機関誌「いわて食・農ネット」第41号ができました。


~「いわて食・農ネット」第41号 2018年4月25日 発行~
 ■地域から食と農を守る、共同をさらに!2018年度総会開催
 ■おしよせる食の危機 ~フリージャーナリスト 天笠啓祐さんの講演より
 ■知らない間にすすめられる 危険な「TPP11」
 ■インフォメーション
       (A4 6ページ モノクロ)

e0330789_11483390.jpg

今号は6ぺージだて。
滝沢市の酪農家にインタビューした記事も掲載しています。

機関誌は、いわて食・農ネット会員の皆さんにお届けしています。
ご購読を希望される方は、ぜひご入会ください!

いわて食・農ネットは、食の安全と地域の農業を守るための集まりです。
会員の皆様には機関誌「いわて食・農ネット」(年4回発行)をお届けする

ほか、企画の案内などを随時さしあげます。
個人会費は年間1000円。

入会ご希望の方は
  〒020-0690
   岩手県滝沢市土沢220-3 岩手県生協連内 
   電話:019-684-2225
   FAX:019-684-2227
  E-mail:Iwate.Nouminren@kamogawa.seikyou.ne.jp
(アットマークを半角にしてください)
に氏名・住所をお知らせ下さい。
機関誌と振り込み用紙を同封してお送りいたします。



[PR]
by iwanone | 2018-05-16 11:49

野口勲氏 記念講演『いのちの種を未来に』

【企画名】岩手県有機農業連絡協議会
  野口勲氏 記念講演『いのちの種を未来に』

【日時】2018年5月15日(火)13:00~17:00
  (入場無料/協議会入会および年会費受付)
 ※当日、年会費1000円のお支払いも承ります

【場所】ふれあいランド岩手 ふれあいホール 定員200名
    (盛岡市三本柳8-1-3)
【内容】
 13:00開場,協議会報告
 13:30記念講演:野口 勲さん
    埼玉県飯能市で固定種の普及活動をされている野口勲さんを招き、
    F1種子や遺伝子組み換え技術、そして日本の種子法が廃止されるなど、
    現在注目されつつある『種』の問題から見た農業と、
    私たちの暮らしについてのお話をいただきます。
 17:00閉会

【主催】岩手県有機農業連絡協議会

※予約、問合せは下記メールまたはファックスにて受付ます。
Email info@oraganet.com (アットマークを小文字になおしてください)
FAX050−3737−4811 /日野まで

~講師プロフィール~
野口勲(のぐち いさお)
1944年生。
成城大学文学部へ入学するも虫プロ出版部入社のため中退。
手塚治虫の担当編集者となり「火の鳥」初代担当となる。
虫プロ退職後、家業の種苗業を手伝いながら、みかど育種農業で育種の研究を受けた後、種屋を受け継ぐ。
伝統野菜消滅の危機を感じ、地元はもちろん、全国各地の固定種の種を取り扱い、現在に至る。
全国各地で講演多数。
第33回山崎記念農業賞受賞(2008年)。
野口のタネ・野口種苗研究所代表
著書「タネが危ない」(日本経済新聞出版社)

e0330789_13080877.jpg

チラシpdf:266kb


[PR]
by iwanone | 2018-05-08 13:10

いわて食・農ネット(いわて食・農・地域を守る県民運動ネットワーク)の活動をお知らせします。E=mail:Iwate.Nouminren@kamogawa.seikyou.ne.jp(アットマークを半角に)。ツイッター:@iwatenone 。


by iwanone
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite