いわて食・農ネット

iwanone.exblog.jp ブログトップ

いわて食・農ネット 機関誌第41号ができました!

いわて食・農ネットの機関誌「いわて食・農ネット」第41号ができました。


~「いわて食・農ネット」第41号 2018年4月25日 発行~
 ■地域から食と農を守る、共同をさらに!2018年度総会開催
 ■おしよせる食の危機 ~フリージャーナリスト 天笠啓祐さんの講演より
 ■知らない間にすすめられる 危険な「TPP11」
 ■インフォメーション
       (A4 6ページ モノクロ)

e0330789_11483390.jpg

今号は6ぺージだて。
滝沢市の酪農家にインタビューした記事も掲載しています。

機関誌は、いわて食・農ネット会員の皆さんにお届けしています。
ご購読を希望される方は、ぜひご入会ください!

いわて食・農ネットは、食の安全と地域の農業を守るための集まりです。
会員の皆様には機関誌「いわて食・農ネット」(年4回発行)をお届けする

ほか、企画の案内などを随時さしあげます。
個人会費は年間1000円。

入会ご希望の方は
  〒020-0690
   岩手県滝沢市土沢220-3 岩手県生協連内 
   電話:019-684-2225
   FAX:019-684-2227
  E-mail:Iwate.Nouminren@kamogawa.seikyou.ne.jp
(アットマークを半角にしてください)
に氏名・住所をお知らせ下さい。
機関誌と振り込み用紙を同封してお送りいたします。



[PR]
# by iwanone | 2018-05-16 11:49

野口勲氏 記念講演『いのちの種を未来に』

【企画名】岩手県有機農業連絡協議会
  野口勲氏 記念講演『いのちの種を未来に』

【日時】2018年5月15日(火)13:00~17:00
  (入場無料/協議会入会および年会費受付)
 ※当日、年会費1000円のお支払いも承ります

【場所】ふれあいランド岩手 ふれあいホール 定員200名
    (盛岡市三本柳8-1-3)
【内容】
 13:00開場,協議会報告
 13:30記念講演:野口 勲さん
    埼玉県飯能市で固定種の普及活動をされている野口勲さんを招き、
    F1種子や遺伝子組み換え技術、そして日本の種子法が廃止されるなど、
    現在注目されつつある『種』の問題から見た農業と、
    私たちの暮らしについてのお話をいただきます。
 17:00閉会

【主催】岩手県有機農業連絡協議会

※予約、問合せは下記メールまたはファックスにて受付ます。
Email info@oraganet.com (アットマークを小文字になおしてください)
FAX050−3737−4811 /日野まで

~講師プロフィール~
野口勲(のぐち いさお)
1944年生。
成城大学文学部へ入学するも虫プロ出版部入社のため中退。
手塚治虫の担当編集者となり「火の鳥」初代担当となる。
虫プロ退職後、家業の種苗業を手伝いながら、みかど育種農業で育種の研究を受けた後、種屋を受け継ぐ。
伝統野菜消滅の危機を感じ、地元はもちろん、全国各地の固定種の種を取り扱い、現在に至る。
全国各地で講演多数。
第33回山崎記念農業賞受賞(2008年)。
野口のタネ・野口種苗研究所代表
著書「タネが危ない」(日本経済新聞出版社)

e0330789_13080877.jpg

チラシpdf:266kb


[PR]
# by iwanone | 2018-05-08 13:10

第31回 食と農と地域の未来を見つめるシンポジウム

農産物価格の下落、市場競争の拡大、米直接支払い等の廃止など、将来を見通せない状況の一方で、国際的には食料や環境など多様な面から「家族農業」の重要性が強調されています。
地域に根を張りがんばっている若手農業者の声に耳を傾けながら、食と農と地域の未来を考え合います。
みなさんの参加をお待ちしています。
【企画名】第31回 食と農と地域の未来を見つめるシンポジウム
    若手農業者に聞く
     ~農業への思いと、描く将来~
【日 時】3月18日(日) 13:30~15:30
【会 場】北上市生涯学習センター 第1学習室
(北上駅向い おでんせプラザ3F)
【内 容】
  ◇話題提起(シンポの主旨・情勢)
     ~ 横山英信 農民大学学長
  ◇パネルデスカッション
パネラー 〇橋本 勉さん(奥州市水沢区)
  ◇全体討論
【参加費】500円(資料代)
どなたでも参加いただけます


問合せ: 岩手農民大学 事務局(岩手県農協労組)
電話 019-656-7411  FAX 019-656-7412
メール inr@echna.ne.jp
 (アットマークを半角になおしてください)

e0330789_17123218.jpg
チラシ:pdf206kb


[PR]
# by iwanone | 2018-03-14 17:14

いわて食・農ネット 機関誌第40号ができました!

いわて食・農ネットの機関誌「いわて食・農ネット」第40号ができました。

~「いわて食・農ネット」第40号 2018年1月30日 発行~
 ■新年のごあいさつ 「30年問題」をどう見るか
 ■食と農の未来に向け地域が動き出す
  ~いわて食・農ネット「秋のグリーンウェーブ行動」から
 ■ご存知ですか? ハイブリッドライス
 ■おらほの自慢 浜の郷土料理 
   ~被災地支援 山田町関谷地区 年末交流会にて~
 ■インフォメーション
       (A4 8ページ モノクロ)

e0330789_14492818.jpg

機関誌は、いわて食・農ネット会員の皆さんにお届けしています。
ご購読を希望される方は、ぜひご入会ください!

いわて食・農ネットは、食の安全と地域の農業を守るための集まりです。
会員の皆様には機関誌「いわて食・農ネット」(年4回発行)をお届けする

ほか、企画の案内などを随時さしあげます。
個人会費は年間1000円。

入会ご希望の方は
  〒020-0690
   岩手県滝沢市土沢220-3 岩手県生協連内 
   電話:019-684-2225
   FAX:019-684-2227
  E-mail:Iwate.Nouminren@kamogawa.seikyou.ne.jp
(アットマークを半角にしてください)
に氏名・住所をお知らせ下さい。
機関誌と振り込み用紙を同封してお送りいたします。


[PR]
# by iwanone | 2018-02-19 14:50

学習講演会「おしよせる食の危機」

アメリカからの穀物輸入に依存する日本。食卓に上るトウモロコシの73%、大豆の84%が遺伝子組み換えとみられています。
最近は遺伝子組み換え「鮭」がアメリカで認可されるなど、品目も拡大。遺伝子組み換え食品の安全性が心配なのはもとより、セットとなっている農薬にも不安がひろがっています。
「ゲノム編集」など新たな技術とあわせて、輸出国・多国籍企業の戦略は巧妙になっています。そこで、今回の学習会では市民運動の第一線で発言してきた天笠さんに、最新の情報を学びます。
食の安全と地域農業を守るために、ご一緒に考えましょう。

e0330789_15222583.jpg

チラシ:pdf190kb
学習講演会:
「おしよせる食の危機
  -遺伝子組み換え・ゲノム編集などの
    新技術から見る 輸出国の食料戦略-」
講師:天笠 啓祐さん(フリージャーナリスト)

日時: 3月5日(月)
   10:30~12:00
会場: 岩手県水産会館5階 大会議室
   (盛岡市内丸16-1)

 ※保育もあります(要予約。1歳以上200円。締切2/27)
 ※12:00~12:30 いわて食・農ネットの総会を行います

主催:いわて食・農・地域を守る県民運動ネットワーク(いわて食・農ネット)
   (滝沢市土沢220-3 岩手県生協連 内 電話019-684-2225 Fax019-684-2227)


<講師プロフィール>
天笠 啓祐  (あまがさ けいすけ)  
■1947年生まれ。1947年東京都生まれ。1970年早稲田大学理工学部卒業。現在、フリー・ジャーナリスト
■市民バイオテクノロジー情報室代表,「遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン」代表。遺伝子組み換え食品や食品添加物,放射能などについて警鐘をならしている
■著書:世界食料戦争(2004),暴走するバイオテクノロジー(2012),遺伝子組み換え鮭がやって来る!(2016),共著:TPPで暮らしはどうなる?(2013),子どもに食べさせたくない食品添加物(2014)など、著作多数




[PR]
# by iwanone | 2018-02-08 15:25

いわて食・農ネット(いわて食・農・地域を守る県民運動ネットワーク)の活動をお知らせします。E=mail:Iwate.Nouminren@kamogawa.seikyou.ne.jp(アットマークを半角に)。ツイッター:@iwatenone 。


by iwanone
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite