いわて食・農ネット

iwanone.exblog.jp ブログトップ

種子条例の制定を求める県議会請願を提出しました

いわて食・農ネットは3月14日、「主要農作物の種子生産に係る県条例の制定を求める請願」を岩手県議会に提出しました。
同請願は、主要用農作物種子法が2018年に廃止されたことをうけ、県として主要農作物の種子生産に責任をもつことを定める条例の制定を求めるもの。
この間に県議会で議員からたびたび条例制定を求める意見が出ていましたが、県は「要綱を制定して対応している」という対応にとどまっていました。

e0330789_13234298.jpg
要請には10名が参加。
消費者団体の代表は「食への不安が高まっている。安全安心な食べ物をつくる基本となる種子を守ってほしい」、農業者団体の代表は「種もみが来なくなると大変だ、という声が農家から上がっている。要綱でなく、条例で県としての姿勢を明確に示してほしい」と語りました。
佐々木順一 議長は、「議会としても1月10日に、山田正彦氏(元農林水産大臣、弁護士)を招いて学習した」と対応しました。

なお、同請願は、下記の各議員が紹介しました。
 軽石義則 議員(改革岩手),
 ハクセル美穂子 議員(いわて県民クラブ),
 木村幸弘 議員(社民党),
 千田美津子 議員(日本共産党),
 吉田敬子 議員(無所属)

「主要農作物の種子生産に係る県条例の制定を求める請願」データ:pdf148kb


# by iwanone | 2019-03-19 13:24

ゲノム編集についての学習会を開催しました!

いわて食・農ネット(いわて食・農・地域を守る県民運動ネットワーク)は36日、盛岡市内で学習講演会「新たな遺伝子操作技術『ゲノム編集』 ~食と生命、未来へつなぐか切り刻むか」を開催しました。講師には印鑰智哉さん(日本の種子を守る会事務局アドバイザー)を迎えました。

印鑰さんは、食料生産の前提として、微生物をはじめとした多くの生物によってつくられる土壌と農作物とが有機的に結びついていることを強調。化学企業が独占して農民・農村におしつけている種子・化学肥料・農薬が、この生態バランスを脅かしていることを説明しました。とりわけ、4つの大資本によって世界の種子生産が独占されているという報告に、会場からは驚きの声が上がりました。

この化学企業の戦略として、ゲノム編集が重要な役割を担うようになっています。従来の遺伝子組み換え技術に比べて、ゲノム編集は目的とする遺伝子への改編がより容易におこなえるのが特徴です。とりわけ日本のマスコミでは肯定的に連日とりあげられており、生命・食料産業による情報操作が強くはたらいているといいます。そのうえで、印鑰さんは「遺伝子の発現機構などを調べる研究手段としてのゲノム編集は否定できないとしても、応用するのは極めて危険」と指摘。さらに、「ゲノム編集による遺伝子操作を米国は解禁、商業栽培は2018年の大豆に始まり、すでに収穫済み。2019年春には日本市場にも上陸?」という情報を紹介しました。

参加者は100名と、例年を大きく上回りました。これまで、私たちの企画に参加したことがない消費者の方々がたくさん見えられたのが特徴です。参加者からは、「想像していた以上に大変なことになっていた」といった感想がたくさん寄せられました。いわて食・農ネットでは、ひきつづき食の安全をめぐる問題について学習や要求活動を強めていきたいと考えています。

e0330789_17425351.jpg

学習会とあわせて開催された総会では、「日米FTAなどに対抗する地域の運動を強化しよう」という年間方針を確認。討論では、参加者から「日米FTAなどの課題で、地方議員を対象にした要請活動をおこなってはどうか」という提言も出されました。また、3月岩手県議会には「主要農作物の種子生産に係る県条例の制定を求める請願」を提出しています。


# by iwanone | 2019-03-11 17:44 | 学習会・イベント

機関誌 第44号が出ました!

機関誌「いわて食・農ネット」第44号が出ました!



~「いわて食・農ネット」第44号 2019年1月25日 発行~

 ■新年のごあいさつ「家族農業の10年」スタートの年
 ■輸入野放し,食・地域・家族農業つぶし」に立ち向かう大きな一歩 
    ~2018秋のグリーンウェーブ
 ■山田町関谷担い手仮設団地で被災地支援
 ■おらほの自慢「梁川の獅子躍(ししおどり)相伝式」
 ■インフォメーション

       (A4×8ページ モノクロ)



今号では、昨年11月に県内の全市町村・農協を訪問した「グリーンウェーブ行動」について紹介。
県内7農協すべての組合長と、全自治体の過半数となる19市町村長から「政府への要請」が寄せられた模様を掲載。


また、連載「おらほの自慢」では奥州市江刺梁川でおこなわれた金津流野手崎獅子躍の相伝式を、ご当地在住の辻村博夫さんがレポートしました。
相伝式というと灌頂儀礼や天道念仏とのかかわりで語られることが多く、辻村さんのように“地元住民はこんなかんじでみてます”という文章は珍しいかもしれません。

e0330789_21263696.jpg
機関誌は、いわて食・農ネット会員の皆さんにお届けしています。
ご購読を希望される方は、ぜひご入会ください!

いわて食・農ネットは、食の安全と地域の農業を守るための集まりです。
会員の皆様には機関誌「いわて食・農ネット」(年4回発行)をお届けする

ほか、企画の案内などを随時さしあげます。
個人会費は年間1000円。

入会ご希望の方は
  〒020-0690
   岩手県滝沢市土沢220-3 岩手県生協連内 
   電話:019-684-2225
   FAX:019-684-2227
  E-mail:Iwate.Nouminren@kamogawa.seikyou.ne.jp
(アットマークを半角にしてください)
に氏名・住所をお知らせ下さい。
機関誌と振り込み用紙を同封してお送りいたします。


# by iwanone | 2019-02-08 21:30

フォーラム「『漁業法改定』は沿岸漁業に何をもたらすか」

東北沿岸漁民緊急フォーラム
「『漁業法改定』は沿岸漁業に何をもたらすか」
【日時】2018年11月19日(月)
     14:00 ~ 17:00
【会場】サンビル7階 ホール
 (岩手県盛岡市大通1丁目2−1 岩手県産業会館)


【プログラム】
■開催趣旨説明 二平 章(茨城大学客員研究員)
■報 告「漁民に知らせず成立ねらう改定漁業法案の驚くべき内容」
長谷川 健二(福井県立大学名誉教授)    
「沿岸漁家・漁協経営を破綻に導く改定漁業法案に反対」
濱本 俊策(香川海区漁業調整委員会会長)
■意見表明 赤間廣志(宮城県漁業調整委員会委員)
      菅野修一(岩手県漁業調整委員会委員)
      片山知史 (東北大学教授)
      綱島不二雄 (元 山形大学教授) そのほか参加者より
■各党地元国会議員要請 

主催:JCFU全国沿岸漁民連絡協議会,
   漁業法改正法案に反対する漁業経済研究者の会,
   NPO法人21世紀の水産を考える会

e0330789_22081244.jpg
安倍内閣は11月6日に、沿岸漁民の漁業権を企業に売り渡す「漁業法改定案」を閣議決定。「今国会で成立させる」と表明しました。この法案では
①養殖用漁業権免許を漁協を通さず知事が企業に直接免許
②地元漁民に優先的に与えられた定置漁業権を知事裁量で直接企業に免許
③海区漁業調整委員会を公選制から知事の任命制に変更
④沖合漁業の漁獲効率を一層高め、沿岸資源圧迫につながる漁船トン数制限撤廃
⑤大規模漁業を優遇し小規模漁業を困窮化へ導く漁獲量割当(TAC)制度の導入
…などを行うとしています。
この案が通れば沿岸漁家・漁協の経営はいっそう困難になり、地域経済も疲弊してしまいます。地域創生とは真逆の悪法だと言わざるをえません。漁業関係者に「ていねいな説明」もせず、声も聞かずにすすめている改定案。その内容と問題点をさぐります。




# by iwanone | 2018-11-10 22:09

機関誌42号が出ました!

お知らせが遅くなりましたが、いわて食・農ネットの機関誌「いわて食・農ネット」第42号ができました!
すでに会員の皆様にはお届けしていますが、あらためてご案内です。


~「いわて食・農ネット」第42号 2018年8月28日 発行~
 ■まだまだ流動的な「TPP11」そして実りの秋にむけて「日欧EPA」に要注意!
 ■おびやかされる食の安全 ~遺伝子組み換え、ゲノム編集~
 ■「米・麦・大豆のタネ」はどこで誰が作っているの?
 ■ひまわり油がひらく地域の未来 ~一関市大東町「デグノボンズ」
 ■インフォメーション
       (A4 8ページ モノクロ)


種子法の関係で関心が高まっている県の種子事業や、「ゲノム編集」など育種にかかわる新技術も紹介しています。

どうぞご覧ください。

e0330789_09224122.jpg
機関誌は、いわて食・農ネット会員の皆さんにお届けしています。
ご購読を希望される方は、ぜひご入会ください!

いわて食・農ネットは、食の安全と地域の農業を守るための集まりです。
会員の皆様には機関誌「いわて食・農ネット」(年4回発行)をお届けする

ほか、企画の案内などを随時さしあげます。
個人会費は年間1000円。

入会ご希望の方は
  〒020-0690
   岩手県滝沢市土沢220-3 岩手県生協連内 
   電話:019-684-2225
   FAX:019-684-2227
  E-mail:Iwate.Nouminren@kamogawa.seikyou.ne.jp
(アットマークを半角にしてください)
に氏名・住所をお知らせ下さい。
機関誌と振り込み用紙を同封してお送りいたします。


# by iwanone | 2018-10-23 09:24

いわて食・農ネット(いわて食・農・地域を守る県民運動ネットワーク)の活動をお知らせします。E=mail:Iwate.Nouminren@kamogawa.seikyou.ne.jp(アットマークを半角に)。ツイッター:@iwatenone 。


by iwanone
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite