いわて食・農ネット

iwanone.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「TPPよりヤバいやつ」を鈴木先生が語ります!

TPPはアメリカの離脱で不成立になりますが、安心はできません。
TPP水準をベースに、アメリカはさらなる無理難題をFTA(自由貿易協定)という通商交渉で要求してくるからです。
アメリカの要求は? 
協同組合を標的に攻撃し自由貿易優先でこのまま突き進んだら、食の安全や地域経済はどうなるのでしょう?
最新の情勢と問題を、鈴木先生がズバリお話しします!


企画名:食料・農業・地域を守るために
日時:3月22日(水)14:30~16:00
会場:エスポワールいわて2Fホール 盛岡市中央通り1丁目1-38
講演:「日本の通商交渉と協同組合をめぐる情勢」
講師:東京大学大学院教授 鈴木宣弘さん

講師プロフィール:東京大学大学院農学生命科学研究科教授。専門は農業経済学。 三重県志摩市出身。東京大学農学部卒。農林水産省入省。九州大学農学部助教授、教授を経て、2006年9月から東京大学大学院

e0330789_10350133.jpg

チラシ:pdf 301kb
どなたでもご参加いただけます。
参加希望の方は、下記事務局までご一報ください。
主催:TPP等と食料・農林水産業・地域経済を考える岩手県民会議(52団体)
問い合わせ先:岩手県生協連・岩手県消団連 TEL 019-684-2225・FAX 019-684-2227


[PR]
by iwanone | 2017-03-09 10:38

身近な食の安全から、「TPPの次」を考える

いわて食・農ネットは3月2日、講演会「TPP離脱後の食の未来 ~ 分析現場から見えてくるもの ~」を盛岡市内で開催しました。
講師には、農民連食品分析センター 所長の八田 純人さんを迎え、実験もまじえて学習。
「市販オニギリからアブラ」「遺伝子組み換え大豆は検査キットで10分でわかる」など、会場いっぱいにあつまった参加者の皆さんにとっては、なかなかの衝撃だったようです。
八田さんは、実験を通して新たな科学技術とどう向き合うかという問題を提起すると同時に、「みんなで声をあげて行政も企業モラルも変えてきた」という点を強調。

TPPは事実上の「崩壊」だけど、食の安全をめぐってアメリカからさらに無理難題を押し付けられるかもしれません。
これにみんなで立ち向かっていこう…と、結びました。

e0330789_13190515.jpg
学習会後、いわて食・農ネットは総会を開催しました。
トランプ政権が発足したばかりとあって不透明な点が多いのですが、ひきつづき幅広い県民の皆さんといっしょに食と農・地域を守る取り組みを続けていこうという方針を確認しました。
詳細は追って、機関誌「いわて食・農ネット」でもお知らせします!


[PR]
by iwanone | 2017-03-07 13:20

いわて食・農ネット(いわて食・農・地域を守る県民運動ネットワーク)の活動をお知らせします。E=mail:Iwate.Nouminren@kamogawa.seikyou.ne.jp(アットマークを半角に)。ツイッター:@iwatenone 。


by iwanone
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite