いわて食・農ネット

iwanone.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

3月も「両磐の会」がTPP批准反対アクション!

一関市と平泉町でTPP反対のとりくみを続ける「TPP等と食料・農林水産業・地域経済を考える両磐の会」。

3月も、いわて生協COLZA一関店の前で宣伝をおこないました。
お買物に訪れる方々にチラシを渡しながら、お時間ある方とはじっくり対話もしながら署名をお願いしています。
e0330789_12124319.jpg

「両磐の会」では、ひきつづきTPPの批准をさせないアクションに取り組んでいきます!
e0330789_12134149.jpg

[PR]
by iwanone | 2016-03-23 12:14

「TPP批准させない!」の声を盛岡から

安倍政権はいよいよ通常国会にTPP関連法案を提出し、批准を急ぐ構えです。
24日には「TPP特別委員会」が衆院に設置されるとのこと。
農産物重要五品目を守るとした国会決議に違反していることははっきりしており、TPPからただちに撤退することが求められています。

ということで、もいわて食・農ネットは22日、TPP反対アクションを盛岡市内でおこないました。
e0330789_16114246.jpg
あたらしくできた個人署名「TPP協定の批准をしないことを求める国会請願」を呼びかけながらチラシを配布。
多くの方々に受け取っていただきました。
署名してくれた方々からは
「実家が農家。農業が続けられなくなるとたいへん」
といった声が寄せられました。

いわて食・農ネットでは、ひきつづきTPP反対のとりくみをおこなっていきます!
[PR]
by iwanone | 2016-03-22 16:12

TPP批准させないアクション盛岡 やります!!

TPPをめぐる情勢が緊迫しています。
安倍政権は、週明け3月22日にもTPP特別委員会(45人)を設置する予定です。
本年度予算成立後、ただちにTPP批准法案の審議に入り、4月中の衆議院通過、5月中にも参議院通過をねらっています。


世論を無視したこのような暴走を許すわけにはいきません。
地域の農業・食の安全・医療・健康…これらを守るために、私たちは
「TPPを批准させない」
の声を皆さんといっしょに上げていきたいと思います。

つきましては、下記の日程で今月もTPP反対アクションをおこないます。
どうぞご注目ください。


【日時】3月22日(火)12:15~12:45
【場所】盛岡市 大通り 野村證券前
【内容】個人署名の訴えとチラシ配布


とびいり参加も歓迎です。
チラシまきなどのご協力をお願いします!
[PR]
by iwanone | 2016-03-18 16:42

年度末 農家の税金は・・・

14日、盛岡市内で「重税反対岩手県中央集会」がひらかれました。
各分野からの「怒りの発言」で、農家の代表として盛岡市の小笠原憲公さんがスピーチ。

「財務大臣の麻生太郎さんが先月『農家は税金を一回も 払ったこともない人もいるだろう。地元で3人ぐらいから聞いた』と発言したそうです。
自分だって、税金払いたい。
でも、今回の確定申告で年間の計算をしてみたら、赤字経営になりました。
税額が出ません。
米価暴落が響いてます。
この実態に目をむけないで、払わないのが悪いような言い方は、あまりにもひどい」
e0330789_1922057.jpg


所得税の確定申告は15日が締め切りでしたが、消費税の申告は3月末まで。
こちらは、赤字経営であっても税額が出る農家がほとんどとなるしくみの税金。
重税がもたらす苦悩は続きます。
[PR]
by iwanone | 2016-03-17 19:23

「TPP協定を国会で批准しないことを求める請願」を県議会に提出しました!

いわて食・農ネット,岩手県消費者団体連絡協議会,岩手県生活協同組合連合会,いわて生協の4団体が、「TPP協定を国会で批准しないことを求める請願」をこのたび岩手県議会に提出しました。
「 国会決議に違反するTPP協定の批准は行わないこと」について、県議会として政府へ意見書を提出するよう求めるものです。
e0330789_20113063.jpg
16日、各団体の代表が田村誠議長に請願書を提出し、懇談。
田村議長は
「TPPに問題があるということは承知している。議会として、しっかり審議したい」
とこたえました。

なお、本請願は佐々木順一(改革岩手),千田美津子(日本共産党),小西和子(社民党),吉田敬子(無所属)の各氏が紹介議員となっています。
[PR]
by iwanone | 2016-03-16 20:11

TPP 今こそ、その問題点と対抗軸を考える

いわて食・農ネットは3月3日、学習講演会「TPP 今こそ、その問題点と対抗軸を考える -地域と命と暮らしを守るために-」を開催しました。



講師の野沢 聡さん(農業協同組合新聞 編集委員)は、TPP交渉関連の取材を続けてきた立場から、交渉にのぞむ日本政府の姿勢を報告。
交渉中は関税率の譲歩案などについて一部のメディアがリークすると内閣府が各社を呼んで「最近の報道について正しくないものがあり…」と修正を逐一かけることがあったそうです。
いっぽう、10月の「大筋合意」にあたっては100ページもの資料を周到に準備して会見に備えていたとも。
これらの例をあげながら
「農業分野での譲歩は早い時期に決まっていた可能性が高い」
と指摘しました。
また、「大筋合意で“コメについては守られた”と政府は語っているが、外食産業や刑務所の食事などに外米がすでに入っている。外米輸入拡大の動きは着実にあり、政府『試算』はこれを反映していない」と分析します。
e0330789_11581286.jpg

問題は、これからどうするか。
アメリカでもTPP反対の世論が広がっていることなど「多国籍企業vs諸国民」という構図になっていることから、世界的な運動・世論と連帯すること、個々の物品・分野への影響を見ると同時に、地域全体をどう再生させていくかという視点が重要だと強調しました。



※学習講演会とあわせて開いた いわて食・農ネット総会では、2015年度のふりかえりと2016年度の活動方針(pdf:410kb)を確認しました。
いわて食・農ネットは、TPPを批准させないとりくみをはじめ、食と農・地域を守るさまざまなアクションをおこしていきます!
[PR]
by iwanone | 2016-03-11 11:58

「両磐の会」2月もTPP反対アクション!

一関市と平泉町でTPP反対のとりくみを続ける「TPP等と食料・農林水産業・地域経済を考える両磐の会」。
e0330789_9591367.jpg

2月27日(土)、いわて生協COLZA一関店の前で宣伝をおこないました。
今回は23名参加、63筆の署名を頂きました!
TPPは「公式署名」が強行されましたが、ひきつづき批准阻止をよびかけていきます。
e0330789_9593642.jpg

[PR]
by iwanone | 2016-03-05 10:00

いわて食・農ネット(いわて食・農・地域を守る県民運動ネットワーク)の活動をお知らせします。E=mail:Iwate.Nouminren@kamogawa.seikyou.ne.jp(アットマークを半角に)。ツイッター:@iwatenone 。


by iwanone
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite