いわて食・農ネット

iwanone.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

講演会「TPP 今こそ、その問題点と対抗軸を考える」

※講演の正式なタイトルが決まりましたので改めてお知らせします!

TPP(環太平洋連携協定)は昨年10月に「大筋合意」、この2月には早くも参加各国による公式署名(調印)がされました。
その内容は農産物重要五品目を守るとした国会決議に明確に違反しています。
ところが、これに対応する「国内対策」が早くも話題に。
私たちは、これを傍観しているわけにはいきません。地域と命・暮らしを守るうえで「TPP撤退」「批准させない」のアクションがますます重要になっています。
そのためにも「進める側は何をねらっているか・何がおきているのか」をつかむことがポイントです。
そこで今回の学習会では、農政の現場を間近で取材して来た野沢さんに、最新の情勢をうかがいます。
どうぞご来場ください!

【企画名】TPP 今こそ、その問題点と
対抗軸を考える
-地域と命と暮らしを守るために-
【日時】2016年3月3日(木)
  10:30 ~ 12:00

【会場】 岩手県水産会館 大会議室
  (盛岡市内丸16−1)

【講師】野沢 聡さん
  (農業協同組合新聞 編集委員)

 参加無料
※保育もあります(200円 1歳以上 要予約)
※12:00~12:30 いわて食・農ネットの総会を行います

【主催】いわて食・農・地域を守る県民運動ネットワーク


<講師プロフィール>
野沢 聡 (のざわ さとし)
・1959年愛知県生まれ。
・1989年から「農業協同組合新聞」で取材・編集。おもに水田農業政策やWTO交渉などの農政や、農協の組織・営農活動などの現場レポート等を担当。現在、編集委員。

e0330789_11365248.jpg
チラシ:pdfファイル330kb
[PR]
by iwanone | 2016-02-28 15:55

学習講演会 TPP「大筋合意」以降の国内対策の動き(仮 )

昨年10月に「大筋合意」をされたTPP。
その内容は農産物重要五品目を守るとした国会決議に明確に違反しています。
ところが、これに対応する「国内対策」が早くも話題となっています。
そしてこの2月には、早くも参加各国による公式署名(調印)。
その次は批准を経て発効という段階になります。
今後の進められ方について、アメリカ議会等の日程から、
“早々には決められないのではないか”
“世論を無視して強行されるかもしれない”
など様々な見方があります。
私たちは、これを傍観しているわけにはいきません。
「TPP撤退」「批准させない」の世論と運動を強めるうえでも
「進める側は何をねらっているか・何がおきているのか」をつかむことが重要です。
そこで今回の学習会では、農政の現場を間近で取材して来た野沢さんに、最新の情勢をうかがいます。
どうぞご参加ください!

【企画名】学習講演会 TPP「大筋合意」以降の国内対策の動き(仮 )

【日時】2016年3月3日(木)
  10:30 ~ 12:10

【会場】 岩手県水産会館 大会議室
  (盛岡市内丸16−1)

【講師】野沢 聡さん
  (農業協同組合新聞 編集委員)

 参加無料
※保育もあります(200円 1歳以上 要予約)
※12:15~12:40 いわて食・農ネットの総会を行います

【主催】いわて食・農・地域を守る県民運動ネットワーク


<講師プロフィール>
野沢 聡 (のざわ さとし)
・農業協同組合新聞 編集委員
・農業と食料を守る協同を重視する立場から取材・論説を続ける
・一連の農政を「官邸主導型農政」と指摘。
・「農政決定メカニズムの大転換」(日本農業年報61 アベノミクス農政の行方 2015)など

e0330789_1555515.jpg

仮 チラシ:pdfファイル292kb
[PR]
by iwanone | 2016-02-10 15:56

岩手農民大学がTPP公式署名に抗議声明

2月4日にTPP参加12カ国が公式署名をしたことをうけ、岩手農民大学(いわて食・農ネットにも参加)は学長抗議声明を発表しました。
全文を紹介いたします。

                   2016 年2 月4 日
日本政府のTPP協定署名に対する抗議声明
                    岩手農民大学・学長 横山英信
 
1.本日ニュージーランドで行われたTPP(環太平洋連携協定)署名式において,日本
政府は他の交渉参加11 ヶ国政府とともに同協定に署名した。
 同協定に関しては,譲許表の日本語訳が未だ示されていないなど,国民に対する協定
内容の情報提供は極めて不十分である。このような中での署名強行は国民主権を踏みに
じるものであり,許されない。TPP交渉の内容を国民に隠したまま強引に行った昨年
10 月5 日の「大筋合意」に続く安倍自公政権の国民主権侵害に対して強く抗議する。

2.そもそも自民党は2012 年12 月の総選挙で「ウソつかない。TPP断固反対。ブレな
い」を旗印にして勝利したのであり,その安倍自公政権がTPP交渉参加を行ったこと
自体が許されない。加えて「大筋合意」に基づく協定では,農林水産物の全関税分類品
目数の81%で関税が撤廃され,重要5品目(米,麦,牛肉・豚肉,乳製品,甘味資源作
物)さえも関税分類品目数の29.7%で関税が撤廃される。これが自民党・公明党も賛成
した2013 年4 月の国会決議=「(重要5品目についてTPP交渉の)対象から除外また
は再協議の対象とする。10 年を超える期間をかけた段階的な関税撤廃も含め認めない」
に違反することは明確である。さらに,協定ではTPP発効後にもさらなる関税撤廃・
引下げに向けた協議ができることになっている。
 そうである以上,同国会決議=「重要5品目などの聖域の確保を最優先し,それが確
保できないと判断した場合は,脱退も辞さないものとする」に従って,政府は署名を撤
回し,交渉から撤退すべきである。

3.安倍自公政権は,憲法規定に基づいて臨時国会開催を要求する野党・国民の声を無視
して国会審議を行わないまま,昨年11 月25 日に「総合的なTPP関連政策大綱」を打
ち出した。国会審議の中で「大筋合意」の内容が国民生活や日本農業に及ぼす影響が明
らかになる前に対策を打ち出し,国民の反発を何とかかわそうという狙いであろうが,
立憲主義を逸脱し,国会を無視した行為は許されるものではない。
 また,昨年12 月24 日に政府が発表した「農林水産物の生産額への影響について」で
は,TPP発効後の国内農林水産物の生産減少率が0%という,目を疑うような試算値
が示された。そこでは,関税撤廃・引下げによる市場価格低下には経営所得安定対策の
充実と体質強化策によるコスト削減等で対応するので生産には影響がないとしている
が,その裏付けとなる財源やコスト削減の具体的方策等は一切示されていない。国民・
農民の批判をかわすことだけを目的とした「辻褄合わせ」はおよそ試算の名に値しない。

4.TPPは農業だけの問題ではない。農業以外の諸分野でもその多国籍企業本位・反国
民的な内容が各方面から指摘されている。より多くの国民がその事実を知るならば,T
PPに反対する国民運動はさらに高まるであろう。
 岩手農民大学は,地域農業・地域経済の維持・発展,農民・消費者・国民の生存権を
守るため,これからも広範な人々と連帯して,TPP撤退,TPP国会批准阻止の運動
に取り組んでいくものである。

以上


日本政府のTPP協定署名に対する抗議声明 pdf版:71kb
[PR]
by iwanone | 2016-02-05 08:31

TPP協定 公式署名に抗議!

2月4日、TPP協定への公式署名が参加12カ国の代表によっておこなわれました。
これに先立つ3日、世論を無視した公式署名への抗議の行動を盛岡市内でおこないました。

今回は、いわて食・農ネットにくわえて、東北の農協労働者の皆さん(全農協労連 東北地本)も参加。
20名で賑やかに声をあげました。
準備した「TPP交渉「大筋合意」は撤回し、調印・批准しないことを求める請願」に、いつにも増してたくさんの署名が寄せられました。
e0330789_11324288.jpg

「公式署名」はされましたが、各国で反対の世論が広がっています。
今後、参加各国での批准を経て発効という流れになりますが、そうはさせません。
ひきつづき、多くの皆さんといっしょに、「TPP批准させない!」の声をあげていきます!!
[PR]
by iwanone | 2016-02-04 11:32

戦争法の廃止を求める全国2000万人統一 署名運動を推進する岩手の会 学習集会

全国で取り組まれている「戦争法の廃止を求める2000万署名」。
岩手でも1月に「戦争法の廃止を求める全国2000万人統一署名運動を推進する岩手の会」が立ち上がり、いわて食・農ネットも賛同しています。

この会で、2月に学習集会を開催することになりました!
講師は、伊藤真弁護士。
戦争法発動阻止のため弁護士有志でつくる「安保法制違憲訴訟の会」の共同代表のお一人としても奮闘されています。
どなたでも参加できますので、みなさまお誘い合わせてぜひご参加を!
お申込・お問合せはいわて食・農ネット事務局まで

企画名:戦争法の廃止を求める全国2000万人統一 署名運動を推進する岩手の会 学習集会
日程:2月21日(日)
時間:13:00~15:00
    ※終了後、アピール行進
会場:岩手県公会堂大ホール
内容:学習講演(講師・伊藤真弁護士)、中間報告、各地域・組織の取り組み発表 など
 





※「2000万人署名」については、
「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動 実行委員会」のHP内に詳細が掲載されています。
http://sogakari.com/?p=1095
ぜひご覧ください。
[PR]
by iwanone | 2016-02-02 15:49

いわて食・農ネット(いわて食・農・地域を守る県民運動ネットワーク)の活動をお知らせします。E=mail:Iwate.Nouminren@kamogawa.seikyou.ne.jp(アットマークを半角に)。ツイッター:@iwatenone 。


by iwanone
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite