いわて食・農ネット

iwanone.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

協同が地域・食・農の未来をひらく

いわて食・農ネットは28日、「TPPからの撤退を求め 農業・協同組合つぶしに反対する岩手県民集会」を盛岡市内で開催しました。
集会には全県から300名以上が参加。
学習講演で鈴木宣弘 東京大学大学院教授は
「地域社会は農業や食を守るための相互扶助で守られてきた。いま進められているTPPや『農業改革』は、これをつぶすもの。皆さんが取組まれてきたような協同でこれに立ち向かうことが必要だ」
と呼びかけました。
現場からの報告として、岩手県生協連の吉田敏恵専務理事は
「これまで自由貿易がすすめられてきたアジア諸国で、協同組合が注目を集めている。しかし一連の改革は協同組合の立場と逆行するもの」
と批判。
また、岩手県農協労組の齋藤禎弘中央執行委員長は
「県内の農協組合長・幹部はこの事態に強い憤りを持っている」
と語りました。

e0330789_22355116.jpg

集会終了後、参加者一同でデモ行進をおこないました。
TPPをめぐる課題では、久々のデモ行進。
まだまだ取組は続きます。



なお、集会では「アピール」を採択しました。
長文ですが、紹介いたします。


■集会アピール 
 「米は95%減,酪農は100%減…」岩手県農林水産企画室による影響試算(2011年)は、TPPがどれだけ岩手の農業を痛め、つぶすものかを、はっきり示しています。
 政府はTPPを先取りして米の需給への責任から手をひく姿勢をとっており、これによって昨年の米価は大暴落しました。「機械が壊れたら終わり」「米づくりは自分の代かぎり」。苦しみの声が農家から上がっています。
 この声に背を向けて、「早期妥結」をめざす日米両政府は会合を重ねています。医療は、保険は、働くルールは…国のありかたが問われる事態です。県内でも各界52の団体が集まり「TPP等と食料・農林水産業・地域経済を考える県民会議」が、TPP反対の声を上げ続けています。

 日本の農業は家族経営が担ってきました。その経営と地域を守るため、協同しようとつくられてきたのが農業協同組合です。そして、農家による農家のための農業委員会が、農地を農家自身のものとして守ってきました。
農業ばかりではありません。食・医療・金融など幅広い分野にわたって協同組合がつくられ、国民生活を守ってきました。
 政府が進める「農業改革」など一連の政策は、これを正面から否定するものです。

 こんな困難なもとでも、雪どけを待って農民は田に足を運びます。誰もが日に三度の食卓を囲みます。そして震災復興の最大の原動力となっているのは、地域に生きる人々の協同です。
 命を守る食を、大地を、人々の協同をアメリカや財界にあけわたすわけにはいきません。
 今日、ここに多くの県民がつどいました。これをきっかけに、地域で学習と話し合いをすすめ、声を上げましょう。
食と農と地域の未来を協同の力で切り開きましょう。
    2015年3月28日
   TPPからの撤退を求め
    農業・協同組合つぶしに
     反対する岩手県民集会 
       参加者一同

[PR]
by iwanone | 2015-03-30 22:37

TPP等 両磐の会 3月もにぎやかにTPP反対アクション!

一関市と平泉町でTPP反対のとりくみを続ける「TPP等と食料・農林水産業・地域経済を考える両磐の会」。毎月、TPP反対アクションを実施しています。

今月は当初28日に予定していましたが、
「その日は『TPPからの撤退を求め 農業・協同組合つぶしに反対する岩手県民集会』(盛岡)に参加しよう!!」
ということで、3月21日(土)におこないました。
e0330789_20523340.jpg
今回も、いわて生協の店舗「コープ一関コルザ」前で署名を訴え。
TPP交渉からの脱退と「農業農協改革」反対を呼びかけました。
[PR]
by iwanone | 2015-03-25 20:52

全国初!県議会で農業農協「改革」に反対する請願採択

いわて食・農ネットが2月27日に岩手県議会に提出した「農協改革をはじめとした『農業改革』に関する請願」は、23日の県議会本会議で、採択されました。これに基づき、ほぼ請願通りの内容で衆参議長、総理大臣、農林水産大臣らに意見書が送付されます。
県議会で農業農協「改革」に反対する請願が採択されたのは全国初。
意見書の概要は下記の通りです。


農協改革をはじめとした農業改革に関する意見書
~前略~
国においては、地域及び地域経済を活性化させるために、早急に次の措置を講ずるよう強く要望する
・農業改革に当たっては、国連も推奨している家族農業経営を育てることを旨とし、
食料自給率の向上をめざすものとすること。また、一般企業の農地取得に道を開く農
地法改正や農業委員会の公選制等の廃止をやめること。
・協同組合である農協の在り方は、農協自身の改革を尊重し、法的な措置による強制
はやめること。
上記のとおり地方自治法第99 条の規定により意見書を提出する。


なお、採択には自民党と公明党が反対しました。
[PR]
by iwanone | 2015-03-24 21:28

雪の中 3月もTPP反対!

いわて食・農ネットは定例の盛岡街頭TPP反対宣伝を23日に実施。
雪の中でしたが、道ゆく皆さんに署名を訴えました。
高校を卒業したばかりという女性2人づれは、「TPP…知らないです」とのこと。
チラシをわたしながらお話をしたところ、TPPの問題点に関心をもっていただき、署名もしていただけました。
e0330789_2065923.jpg

まだまだ充分に中身が伝わっていないTPP。
引き続き、いわて食・農ネットはTPP反対の取り組みを続けていきます!
[PR]
by iwanone | 2015-03-23 20:07

雪の中 3月もTPP反対!

いわて食・農ネットは定例の盛岡街頭TPP反対宣伝を23日に実施。
雪の中でしたが、道ゆく皆さんに署名を訴えました。
高校を卒業したばかりという女性2人づれは、「TPP…知らないです」とのこと。
チラシをわたしながらお話をしたところ、TPPの問題点に関心をもっていただき、署名もしていただけました。
e0330789_2065923.jpg

まだまだ充分に中身が伝わっていないTPP。
引き続き、いわて食・農ネットはTPP反対の取り組みを続けていきます!
[PR]
by iwanone | 2015-03-23 20:07

TPP等県民会議 3月も朝宣伝やりました!

「TPP等と食料・農林水産業・地域経済を考える県民会議」はきょう17日、毎月恒例のTPP反対朝宣伝を盛岡市内でおこないました。

通勤・通学の皆様に宣伝物をわたしながらアピール。
ご協力ありがとうございました。
e0330789_1123043.jpg
15日まで、ハワイでTPP参加国による首席交渉官会合が開かれました。
結果については
「関税や知的財産など難航分野で大きな進展は得られなかった」
と報道されています。


いっぽうで、13日には「TPPの知的財産権と協議の透明化を考えるフォーラム」が、東京都内でひらかれました。
TPPの知的財産条項の内容を危惧する緊急声明を発表しました。
声明には、文化・IT関連企業など多彩な70団体が賛同。
著作権の侵害に関し著作権者の告訴がなくても起訴・処罰できる「非親告罪化」など、問題点を指摘しています。
会見には平田オリザ氏や津田大介氏らが出席しました。



TPPの幅広い問題点が明らかになってきており、反対の世論も広がっています。
TPP等県民会議では、ひきつづき、TPP反対のとりくみをおこなっていきます!
[PR]
by iwanone | 2015-03-17 11:03

TPPからの撤退を求め 農業・協同組合つぶしに反対する

「中央会を社団法人に」「全農の株式会社化」…農協改革をはじめとした「農業改革」が、TPPとあわせて政府主導で急速に進められています。
これでは地域社会・食の安全は守れません。
そして、協同組合そのものへの攻撃です。
「改革」の問題点を学び、声をあげましょう。

どなたでもご参加いただけます。
どうぞおいで下さい!

TPPからの撤退を求め
  農業・協同組合つぶしに
   反対する岩手県民集会

日時:3月28日(土)
 13:00 ~ 15:00(終了後デモ行進)
会場:岩手県産業会館(サンビル)7階大ホール
(盛岡市大通1丁目2-1)
   ~ 入場無料 ~
■学習講演:「TPPと農業改革をめぐる運動の展望と大義」
 講師:鈴木 宣弘 氏 東京大学大学院教授
■現場からの報告,集会後デモ行進
e0330789_20364547.jpg
チラシ:pdf 366kb
[PR]
by iwanone | 2015-03-14 20:36

TPP等県民会議 3月も朝宣伝!

TPPをめぐる情勢は、刻々と動いています。
10日から15日までは、TPP交渉参加国の首席交渉官会合がハワイでおこなわれています。
交渉の内容もさることながら、アメリカ議会でオバマ政権に強い交渉権限を与える法案の審議が遅れる見通しとなっていることなど、不透明な状況が続いています。
「今春合意」「5月~6月に妥結」という報道もされており、事態は深刻です。

ということで、TPP等と食料・農林水産業・地域経済を考える県民会議は、TPP反対の定例宣伝を今月もおこないます。


3月17日(火)8:00~8:30(時間はだいたいの目安です)
盛岡市駅前通り ホテルルイズ 前

どうぞご注目ください!
[PR]
by iwanone | 2015-03-11 19:11

「農村たたみ」に対抗する

3月3日に盛岡市内で開催した学習会「安倍『成長戦略』と日本の食と農」、全県から80名を超える参加がありました。
e0330789_17481677.jpg

講師の中嶋信先生(徳島大学名誉教授)は、政府が進める「地方創生」は、「農村たたみ」であると指摘。
一連の「農業改革」とあわせて詳しく紹介したのは国交省「国土のグランドデザイン2050」の問題です。
ここで示されている「高次地方都市連合」(全国80カ所に予定)や「小さな拠点」の発想は、「公」としての責任を果さず、地域を衰退するがままに延命をはかるものだという点を批判しました。
集落の担い手として若手を雇用する新潟県上越市の取組等を紹介し、「農村たたみ」に対抗するカギは地域にあることを強調。

「農山村は守る価値があるし、守り得る」。

対抗する理念と実践が未来を拓く、と実感した学習会でした。
[PR]
by iwanone | 2015-03-04 17:48

いわて食・農ネット(いわて食・農・地域を守る県民運動ネットワーク)の活動をお知らせします。E=mail:Iwate.Nouminren@kamogawa.seikyou.ne.jp(アットマークを半角に)。ツイッター:@iwatenone 。


by iwanone
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite