いわて食・農ネット

iwanone.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

「衆議院選挙立候補予定者に政策を聞く会」

いわて食・農ネットとも様々な取組でご一緒している「くらしを考えるネットワーク」の企画をお知らせします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

岩手県生協連(岩手郡滝沢村)など8団体が参加する「くらしを考えるネットワーク」(事務局:消団連)は、来る衆議院選挙を前に、「政策を聞く会」を開催します。
今回の選挙結果は今後の生活を左右する重大局面です。
衆議院選挙を前に各政党・候補者の政策をしっかり聞いて、それぞれが主体的に判断し、棄権しないで投票するために、政策を聞く会にぜひご参加ください!
参加費無料!

安倍首相は、消費税率10%再増税を1年半延長すること、「経済政策:アベノミクス」の信を問うとして、11月21日衆議院を解散し、12月14日(予定)に選挙を行うことを決めました。
そこで、衆議院選挙を前に、衆議院選挙の岩手1区に立候補者を立てることを予定している、自民党・民主党・共産党・社民党においでいただき、政策を聞くことにしました。
社会保障、原発再稼働、特定秘密保護法や集団的自衛権の行使容認問題、TPP交渉参加など、生活者としては大変な不安を感じているこれらの問題についてきいていきます。


「衆議院選挙立候補予定者に政策を聞く会」
◇日 時: 2014年11月28日(金) 10時~12時
◇会 場: サンビル7階 会議室 (盛岡市大通り1-2-1)
◇政党の立候補予定者が出席
◇参 加: 参加費無料
◇主 催: くらしを考えるネットワーク(8団体)

e0330789_14311997.jpg

チラシ:pdf 439kb
[PR]
by iwanone | 2014-11-27 14:32

11月もTPP反対アクション@盛岡

アメリカや日本政府はTPP交渉の妥結を急いでおり、当初は「年内妥結」「11月がヤマ場」と言われていました。
しかし、大筋合意には至っておらず、来年以降にもちこされることとなりました。
一方で、この間の日米協議で、日本は牛肉などの関税を大幅に引き下げる譲歩案を出しており、引き続き事態は緊迫しています。

というわけで今月も、下記の通り宣伝・署名活動を行います。


【日時】 2014年11月27日(木) 12:15~12:45

【場所】 盛岡市 大通り 野村證券前

【参加者】いわて食・農・地域を守る県民運動ネットワーク加盟組織

【内容】 個人署名の訴えとチラシ配布


お近くをお立ち寄りの際はぜひご注目ください。
また、賛同いただける方はどなたでもご一緒に、チラシまきなどにご参加いただければと思います。
寒いなかですので、着ぐるみ持参歓迎です。
[PR]
by iwanone | 2014-11-23 18:31

「過剰米処理を求める請願」採択!

以前にもお伝えしましたが、いわて食・農ネットは10月3日、岩手県議会に「政府による緊急の過剰米処理を求める請願」を提出しました。
遅くなりましたが「その後どうなったか?」をお知らせいたします。

議会の結果は…
10月24日の本会議で
「意見書を発議し、関係機関に要望することとして採択」
となりました!
JAいわてグループが提出した「米価安定対策に関する請願」も採択。
県議会として、あわせて意見書が政府に送られました。

いずれの請願も、米価暴落の原因となっている過剰米を、備蓄米の買入などで処理することを求めるもの。
しかし、いまだに政府は対策をとっていません。

「今年は田んぼの秋ぶちはしない」
「小作してもらっていた田んぼを返された」
「来年の作付はやめるか…」
といった声が農村のあちこちから聞こえてきています。
国産米が食べられない日本になってしまうかどうかの瀬戸際です。


米価暴落の責任は農家や消費者にあるのではありません。
国のありかたが問われています。
[PR]
by iwanone | 2014-11-21 16:15

食べよう!!おいしいごはん

「煮干しのダシをとるときは、鍋にフタをしないこと。フタをすると、アクが戻ってしまいます」
「筑前煮は、具材を炒めて調味料を入れてさらによく炒めます。そうやって油に味をしっかり移してから、水を入れましょう」
今回のメニューは「筑前煮」「おから炒り煮」「味噌汁」「ゆでキャベツのゴマドレサラダ」。
それぞれに、コツがあります。
e0330789_20214754.jpg

新日本婦人の会と農民連が16日に盛岡市内で開催した産直交流会「『食べよう!!おいしいごはん』のつどい」での調理体験です。
「ごはんが進むメニューをいっしょにつくってみよう」
と、企画されました。
お子様も参加されて、老若男女、みんなでごはんのおいしさを実感しました。

おなじみの献立ではありますが、ちょっとした工夫で一味ひきたつんですね。
「味噌汁は沸騰させない」
は言うまでもありませんが、
「おからは、粗熱をとってからネギをまぜる」
というのは、言われてみるとなるほど。

新米がおいしい季節です。
[PR]
by iwanone | 2014-11-20 20:21

フロントガラスが凍る朝

TPP等と食料・農林水産業・地域経済を考える岩手県民会議は17日朝、盛岡市駅前通りでTPP反対の宣伝をおこないました。
e0330789_21542848.jpg

クルマのフロントガラスが凍る朝。
いよいよ冬だなあと実感する季節です。
が、参加者一同、元気に声をだして宣伝物を配りました。
受け取ってくださった皆様、ありがとうございます。

TPP交渉の「年内妥結」はおおむね回避されたようですが、まだまだ気を緩めるわけにはいきません。
TPP等県民会議では、ひきつづきTPPストップのために全力をあげます!
[PR]
by iwanone | 2014-11-18 21:53

『戦争する国はNO!』11・22岩手県民集会

『戦争する国はNO!』11・22岩手県民集会

11月22日(土)
岩手教育会館大ホール
集会13:00~

・講演「気づけば、戦争する国に
~秘密保護法、集団的自衛権がもたらすもの」
講師 池田香代子さん(ドイツ文学翻訳家)
・リレートーク(各層から反対表明)、集会決議採択


・デモ15:30~
※保育あり(無料ですが、3日前までにお申込ください)

e0330789_2028591.jpg

チラシ pdf:743kb
安倍政権は、集団的自衛権の行使容認の閣議決定を多くの国民の反対を押し切って強行しました。
集団的自衛権が行使されれば、日本が直接攻撃されていなくても、アメリカが起こした戦争に加わって軍事行動を行うことになり、海外で「人を殺し、殺される」ことになってしまいます。
また、特定秘密保護法は12 月10 日に施行する方向で準備が進んでいます。
しかし、軍事的な情報がいつの間にか特定秘密として扱われ、それを知ることができなければ、気づかぬうちに「戦争する国」になってしまう可能性もあります。
海外で戦争する国に私たちはしたくありません。
きっぱりと「NO!」を突きつけましょう!

主催:戦争する国はNO!11・22岩手県民集会実行委員会(現在75団体が参加)
事務局:岩手県消団連・岩手県生協連

※いわて食・農ネットも参加しています。
[PR]
by iwanone | 2014-11-13 20:29

家族農業が未来を拓く ~安倍内閣の農業・農協改革への対抗軸を考える~

今年は国連が定める「国際家族農業年」です。
「家族農業」は、TPPや政府が進めようとしている「農業改革」など市場原理主義による農業政策と真逆の流れ。
未来の食と農・地域を担うのはどちらでしょうか。

家族農業が果たしている社会的役割を再確認し、ご一緒に考えてみませんか?


岩手農民大学 第28回米と日本民族の未来を見つめるシンポジウム
「家族農業が未来を拓く 
 ~ 安倍内閣の農業・農協改革への対抗軸を考える ~」
【日時】12月13日(土)13時~16時30分
【会場】 「水産会館・大ホール」盛岡市内丸16-1
【内容】
◇基調講演
「国際家族農業年から始まる小規模家族農業の道
 ―新自由主義的農政を乗り越えて―」
  関根佳恵さん
   (愛知学院大学経済学部専任講師)
   1980 年生まれ。高知大学農学部卒業、
   京都大学大学院経済学研究科博士後期課程終了。
   博士(経済学)。
   立教大助教を経て、2014 年4 月より現職。
   専門は農業経済学。
  「家族農業が世界の未来を拓く」(農文協)の原典執筆・翻訳者。

◇パネラー報告
長澤範昭さん(農民-雫石町)
齋藤禎弘さん(岩手県農協労組-中央執行委員長)
小原満子さん(消費者-盛岡市)
農協に要請中

◇パネルデスカッション

◇コデネーター:横山英信 岩手農民大学 学長(岩手大学人文社会科学部教授)

【参加費】500円(資料代)
e0330789_16103188.jpg

主 催:岩手農民大学
(賛助団体:JA岩手県青協,JA女性組織協議会,岩手県農民連,岩手県生協連,いわて生協,いわて労連,岩手自治労連,岩手県農協労組)
後 援:JA岩手県中央会,JA新いわて,JAいわて中央,JAいわて花巻,JA江刺,JA岩手ふるさと,JAいわて平泉,JAおおふなと (順不同)


※どなたでも参加いただけます。
12月5日までに事務局へお申し込み下さい。
岩手農民大学事務局(岩手県農協労組)
盛岡市南仙北2-25-6 電話019-656-7411 FAX019-656-7412
[PR]
by iwanone | 2014-11-12 16:10

最終段階?いやいや、まだこれから ~TPP等 県民会議 11月も朝宣伝

11日に中国で開かれたTPP参加国首脳会合は
「妥結に向けて最終段階に入ったことを歓迎する」
とした首脳声明を採択しましたが、交渉妥結の目標とする時期は明記されませんでした。

アメリカ議会中間選挙にあわせたヤマ場とされた11月の大筋合意や「年内妥結」の可能性は低くなりました。
しかし先月25日に甘利経済財政大臣が
「大きな前進が得られるように多国間、2国間の協議をしっかりやっていきたい」
と記者団に語ったように、秘密裏にアメリカと交渉をすすめる可能性もあり、TPPの秘密主義は予断を許しません。


この事態を受けて、TPP等と食料・農林水産業・地域経済を考える県民会議は、TPP反対の定例宣伝を今月もおこないます。
11月17日(月)8:00~8:30(時間はだいたいの目安です)
盛岡市駅前通り ホテルルイズ 前

どうぞご注目ください!
[PR]
by iwanone | 2014-11-11 06:40

TPP両磐の会 晩秋のTPP反対アクション

一関市と平泉町でTPP反対のとりくみを続ける「TPP等と食料・農林水産業・地域経済を考える両磐の会」。
毎月第3土曜日に、TPP反対アクションを実施しています。
10月25日にも、いわて生協の店舗「コープ一関コルザ」前で宣伝・署名活動をおこないました。
e0330789_1122431.jpg
現地からは
「15名参加、42筆の署名を頂きました(^_^)v
イベント盛りだくさんのこの日としては、予想以上の成果でした^_^;」
との報告。

e0330789_11224823.jpg
いわて食・農ネットの試算でも、TPP参加による農業産出額の減少は、一関市・平泉町で181億にのぼるとみられています。
地域からの声に、ぜひ政府は耳を傾けてほしい。
[PR]
by iwanone | 2014-11-02 11:22

西和賀で「わら細工体験」

いわて生協(いわて食・農ネットにも参加)主催の「わら細工体験(としなづくり)」が10月24日、西和賀町でおこなわれました。

今回の体験会は、西和賀町沢内で「としな」づくり体験にチャレンジ。
続いてしめかざり祈祷祭・昼食交流会…と盛りだくさんの企画です。
盛岡近辺から20名の生協組合員が参加しました。
e0330789_884196.jpg

いわて生協で取り扱っている正月の「西和賀お飾り」は、西和賀地域しめ飾り部会の生産者が手作りする産直品です。
15名の生産者が地元の稲藁を使って、ひとつひとつ心をこめてつくっています。
体験会では、慣れない手つきの参加者に手ほどきをしながら、
「ぜひ皆さんのお宅にかざって、よいお年をお迎えください」
と、部会の方々が声をかけていました。
e0330789_893660.jpg
盛岡市から参加した女性(3歳)は
「ごちそうがおいしかった」
と語っていました。

その「ごちそう」はこちら。
e0330789_89583.jpg

奥左の煮ものにはワラビも入ってます。
トロみが自慢の、西和賀沢内の名物です。
手前右は、玉子寒天。
日本海文化ですね。
[PR]
by iwanone | 2014-11-01 08:09

いわて食・農ネット(いわて食・農・地域を守る県民運動ネットワーク)の活動をお知らせします。E=mail:Iwate.Nouminren@kamogawa.seikyou.ne.jp(アットマークを半角に)。ツイッター:@iwatenone 。


by iwanone
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite