いわて食・農ネット

iwanone.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

若い人たちもTPPに反対! ~TPP両磐の会

岩手県内では、52団体が参加する「TPP等と食料・農林水産業・地域経済を考える岩手県民会議」が結成され、TPP反対の取組を進めています。
さらに、紫波町と両磐地域では、同じ趣旨で地域の会が結成されています。

e0330789_16223699.jpg
こちらは、一関市・平泉町で活動する「TPP等と食料・農林水産業・地域経済を考える両磐の会」。
これまでに大きな集会・学習会を開催したほか、署名・宣伝行動をいわて生協colza前で毎月おこなっています。
e0330789_16234181.jpg

若手がたくさん集まるのも、「両磐の会」の特徴。
地域の食・農の未来を守るために、活躍しています。
9月27日(土)も、たくさんの参加でにぎやかに宣伝しました。
[PR]
by iwanone | 2014-09-29 16:22

9月もTPP反対アクション 盛岡

長丁場になっているTPP交渉。
23日・24日も、ワシントンで日米閣僚会合がおこなわれました。
甘利TPP相は「進展を得られなかった」と語っていますが、11月のアメリカ議会選挙前後がヤマ場とみられています。

いろいろありますが、ねばりづよく声をあげるしかありません。

というわけで今月も、下記の通り宣伝・署名活動を行います。


【日時】 2014年9月29日(月) 12:15~12:45

【場所】 盛岡市 大通り 野村證券前

【参加者】いわて食・農・地域を守る県民運動ネットワーク加盟組織

【内容】 個人署名の訴えとチラシ配布


お近くをお立ち寄りの際はぜひご注目ください。
また、賛同いただける方はどなたでもご一緒に、チラシまきなどにご参加いただければと思います。
涼しくなってきましたので、着ぐるみ持参歓迎です。
[PR]
by iwanone | 2014-09-26 21:56

全国から上がる「米つくって飯くえねえ」の声

農民運動全国連合会は18日、「米作って飯くえねえ!」行動を農水省前と国会議員会館でおこないました。
行動には全国から200人、岩手県からは9名が参加。
消費者の団体,労働組合,お米屋さんからも連帯のあいさつがありました。

この日、農林水産省に要求したのは、米価暴落の原因とされている過剰米を解決すること。
備蓄米として買い入れることや、海外支援への活用なども含めた提案です。
農林水産大臣が“9月末に状況をみて何らかの対策をとる”といった旨を9月上旬に会見で述べていることから、ある程度の前向きな回答を期待していました。

が、農林水産省の回答は“価格下落の一部を補填する”という程度のもの。
参加者からは怒りの声が上がりました。
「地域から声をあげていこう」。
改めて参加者一同、決意を新たにしました。
e0330789_19595543.jpg
でも、「過剰米」って、いやな言葉ですね。
[PR]
by iwanone | 2014-09-21 19:59

学習会「東北経済の動向と地域再生を目指した地域林業の展望」

学習会「東北経済の動向と地域再生を目指した地域林業の展望」
いわて食・農ネットと交流があるNPO法人 岩手地域総合研究所が学習会を開催します。

NPO法人 岩手地域総合研究所
連続講座「岩手の再生」 第2回
「東北経済の動向と地域再生を目指した地域林業の展望」
■講 師: 岩手大学准教授・農学博士 伊藤幸男
■日 時: 2014年9月20日(土)13:30~15:30
■会 場: 岩手県公会堂21号室
■参加費: 500円 (資料代等)

【プロフィール】
・岩手大学農学部 共生環境課程 准教授
・専門は林政学、木材産業論
・岩手県環境審議会大気部会委員、岩手県政策評価委員会委員、岩手木質バイオマス研究会代表などを歴任
・林業事業体、木質バイオマス関連事業者等の経営実態を統計的、ミクロ的に把握した上で、森林・林業の発展や木質バイオマスを生かした新たな地域づくりなどに関する政策提言を発信している
・著書に、「森林環境2012:震災復興と森林」、「地域森林管理の主体形成と林業労働問題」などがある


【講演要旨】
 2000年代以降、東北地域の木材生産量は順調に増加していますが、立木価格や賃金に反映されないことなど様々な課題を抱えています。
 また、近年木質バイオマス発電所の計画が各地域で持ち上がり、森林資源の持続性について懸念されています。
東北経済及び林業の近年の動向を紹介しながら、人口減少社会を念頭においた中長期の地域林業のあり方について展望したいと思います。


主 催 NPO法人岩手地域総合研究所
問い合わせ  住 所 盛岡市中央通り二丁目8番21号
Tel・Fax  019-624-6715
http://ichiikisouken.web.fc2.com/
e0330789_17525882.jpg


※連続講座 年間の予定
時 期:2014年8月23日~11月8日 4回開催
会 場:アイーナ 他
参加費:500円(資料代)
●8月23日(土) 13:30~ アイーナ 6F (済)
   過疎地における地域交通のあり方
     岩手県立大学助教   宇佐美 誠 史
●9月20日(土) 13:30~ 岩手県公会堂21号室
   東北経済の動向と地域再生を目指した地域林業の展望
     岩手大学准教授    伊 藤 幸 男
●10月 4日(土) 13:30~ アイーナ 7F
   安倍政権の農業政策と日本農業の未来(仮題)
     岩手大学教授     横 山 英 信
●11月 8日(土) 13:30~ 県公会堂大ホール
   消費税増税とこれからの地域福祉制度はどうなるか(仮題)
     岩手県立大学講師   菅 野 道 生
[PR]
by iwanone | 2014-09-12 17:53

TPP等県民会議 盛岡で9月も定例朝宣伝!

TPP交渉は難航していると言われていますが、相変わらず日米事務協議が続けられています。
そして9月9日・10日と行われた日米事務協議に先立ち、交渉参加国中5カ国の豚肉業界団体は日本が関税を撤廃するよう求める公開書簡を出したと報道されています。
TPP反対の動きをゆるめるわけにはいきません。

このような中、TPP等と食料・農林水産業・地域経済を考える県民会議は、TPP反対の定例宣伝を今月もおこないます。

日時:9月17日(水)8:00~8:30(時間はだいたいの目安です)
場所:盛岡市駅前通り ホテルルイズ 前


どうぞご注目ください!
[PR]
by iwanone | 2014-09-11 09:57

米つくってメシ喰えねえ

花北農民組合(いわて食・農ネットの構成団体 岩手県農民連に加盟)は8月28日、花巻市・北上市内で軽トラデモをおこないました。
行動には、のぼりを立ててデコレーションした軽トラ9台が参加。
米価下落対策と、TPP・アベノミクス「農業改革」反対を訴えながら、稲刈りを控えた田んぼの間を走りました。
e0330789_19484784.jpg

今回は、農協の店舗・支所周辺も重点コースに。
解散ポイントの農協支所では、職員が窓際に集まって注目するなか、農協役員が「ごくろうさま」と出迎えてくれました。
同農民組合では今後、9月議会で「過剰米処理」「農業改革反対」の請願に取り組むと同時に、米産直の呼びかけを通して農村に取り組みを広げていく構えです。
花北農民組合の小原昭栄組合長は
「とてもこんな米価ではやっていけない。安倍内閣にはやめてもらわないと」
と力をこめて語りました。
[PR]
by iwanone | 2014-09-09 19:48

TPP反対8月もやりました

いわて食・農ネットは、毎月恒例のTPP反対アクション盛岡を25日、おこないました。
e0330789_9393518.jpg
署名してくださった方からは、今回も「安倍首相にはやめてもらいたい」という声がきかれました。
半年ぐらい前まではあまりなかったことです。

来月もまた、盛岡市内で開催の予定。
ひきつづき、TPPストップのために、取り組みを続けます。
[PR]
by iwanone | 2014-09-01 09:51

いわて食・農ネット(いわて食・農・地域を守る県民運動ネットワーク)の活動をお知らせします。E=mail:Iwate.Nouminren@kamogawa.seikyou.ne.jp(アットマークを半角に)。ツイッター:@iwatenone 。


by iwanone
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite