いわて食・農ネット

iwanone.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

TPPはんたいのノボリ

「TPP等と食料・農林水産業・地域経済を考える岩手県民会議」は、こんなノボリをつくっています。
e0330789_16444256.jpg

TPPに反対の思いを皆さんに伝えたい…ということで、用意しました。
県内いたるところで、はためいています。
写真は、いわて生協 牧野林店。
皆さんの近くにもあるかもしれませんよ!
[PR]
by iwanone | 2014-01-25 16:46

「被災者生活再建支援法」拡充にむけての学習講演会

いわて食・農ネットの構成団体 岩手県生活協同組合連合会が、「被災者生活再建支援法」拡充にむけての学習講演会を開催します。

●日 時 2014年1月22日(水)10:30~12:30
   
●場 所 岩手教育会館 2階 第1会議室

●主 催 岩手県生活協同組合連合会、岩手県消費者団体連絡協議会、
東日本大震災津波救援・復興岩手県民会議の3団体による開催

●参加無料

●学習会の内容
 10:35~ 講演1「支援法の内容、制定までの経過と概要、現時点での課題」
       講師:日本生協連執行役員 総合運営本部長 青竹 豊氏
      (青竹氏は「自然災害被災者支援促進連絡会」の幹事)
 11:40~ 講演2「支援法の岩手県の利用状況、
        住宅再建のための県内の自治体別の上乗せ制度の状況、
         岩手県が要求している制度拡充の内容」
       講師:岩手県復興局生活再建課より
 12:10~ 質問・意見交流
 12:20~ まとめと閉会あいさつ

<問い合わせ先・事務局>
岩手県生活協同組合連合会 電話:019-684-2225 FAX:019-684-2227


e0330789_15342837.jpg
チラシ:pdfファイル 76kb

東日本大震災から2年9ヶ月が経過しましたが、家を失った被災者は今なおプレハブ作りの4畳半2間の狭い仮設に3万6千人が暮らし、かつてのような人間らしい自分の部屋のある家に住むことが、最大かつ共通の願望になっています。

そのため「自己資金」のめどが立つか否は、住宅の自己再建が出来るのか、災害公営住宅や借家住まいを選ぶのかの選択に大きく影響します。そこで、被災地の自治体首長・議会や支援活動団体、日本弁護士連合会など多くの人びとは「被災者生活再建支援法」の拡充(現行の300万円をせめて500万円へ)を政府へ要請していますが、政府は拡充のための動きを見せていません。最近では、金額の増額だけではなく対象者の拡充を求める声も大きくなっています。

そもそもこの「支援法」は1995年の阪神・淡路大震災のあと、1997年には2400万筆もの全国要請署名が原動力となり(全国生協は1200万筆を集約)成立し、当初は100万円の支援から始まりました。その後、全国知事会などの要請で2004年、2007年の2回の改定により現行の300万円に拡充しました。大震災で家を失った人々への「住宅支援」を拡充することは、被災者の最大の願いであるとともに、復興の要である地域コミュニティを維持し創っていく後押しにもなり、復興を支援する団体の中心的支援活動にする必要があると考えます。 

しかし、この支援法成立の頃の国民的運動を知る人々も少なくなりました。この運動の歴史的経過や現時点の課題を改めて学び、今後の拡充に向けた運動を展望するために学習会を開催します。この運動にすでに取り組んでいる団体や個人の方はもちろんですが、これからの復興を考える上でも大いに参考になる学習会です。多くの方の参加をお待ちしております。
[PR]
by iwanone | 2014-01-17 15:29

1月はTPP反対のアクション@盛岡が続きます

いわて食・農ネットは1月16日、盛岡市大通でTPP反対の街頭宣伝をやりました。
寒い中、ご協力いただいた皆様、ありがとうございます。

「撤退しなくてもいい…」
と行き過ぎかけた方に
「岩手の牛乳がなくなっちゃいます」
と声をかけたら、
「それはたいへん」
と返事してくれたり。

内容が充分に伝わっていないTPP、身近な話題にむすびつけて訴えていくことが大事だな、と感じた宣伝でした。
e0330789_16274387.jpg


さて、明日は「TPP等と食料・農林水産業・地域経済を考える岩手県民会議」の定例宣伝です!


1月17日(金)8:00~8:30(時間はだいたいの目安です)
盛岡市 盛岡駅前商店街(いつもと場所がちがいます)


凍結路面に注意しながらの宣伝。
こちらもご注目ください!!
[PR]
by iwanone | 2014-01-16 16:28

1月も いわて食・農ネットのTPP反対宣伝 やります

いわて食・農ネットでは、今月も下記の通り盛岡市内でTPP反対のアクションをおこないます。

【日時】 2014年1月16日(木) 12:15~12:45

【場所】 盛岡市 大通り 野村證券前

【参加者】いわて食・農・地域を守る県民運動ネットワーク加盟組織

【内容】 個人署名の訴えとチラシ配布

「年内妥結」といわれたTPP、強い反対世論にあって、年明けに持ち越しとなりました。
2月にもTPP閣僚会合がおこなわれると言われています。
甘利TPP担当相は、“その閣僚会合で合意されなければ無期延長も・・・”という趣旨の発言をしています。
油断はできません。
私たちは、「交渉から撤退」「妥結を断念」というところまで追い込もうということで、今月も宣伝をおこないます。

お近くをお立ち寄りの際はぜひご注目ください。
また、賛同いただける方はどなたでもご一緒に、チラシまきの手伝いなどにご参加いただければと思います。
みんなの手でTPPを止めましょう!
[PR]
by iwanone | 2014-01-15 22:27

山田で「クリスマス支援」

いわて食・農ネットは12月21日、消費者ネット等との共同で、山田町内の仮設住宅で「クリスマス支援」をおこないました。
住宅再建の自己負担に苦労している被災地では、引き続き、食の支援が歓迎されています。
今回は「仮設住宅ぐらしが長引いている子供たちに笑顔を」という地域の方々と連絡を取り合う中で、「クリスマス支援」として開催することになりました。
e0330789_19571433.jpg

もりおか短角牛の牛丼とすき焼きを一緒につくって、食べながら懇親。
e0330789_19553190.jpg

学生ボランティアの皆さんも参加して、仮設住宅に入居している子どもたちと交流を深めました。
e0330789_19573648.jpg

サンタクロースも出て喜ばれました。
e0330789_19563251.jpg


今後も、いわて食・農ネットでは「食」の面から被災地支援に取り組んでいきます。

※「消費者行政の充実をめざすネットワークいわて」(消費者ネット:県内の消費者行政の充実・強化を求める運動を進めるために結成され、岩手弁護士会消費者問題対策委員会,岩手県司法書士会,岩手県生協連,消費者信用生協,岩手県労働者福祉協議会,岩手県消団連で構成)
[PR]
by iwanone | 2014-01-12 19:57

いわて食・農ネット(いわて食・農・地域を守る県民運動ネットワーク)の活動をお知らせします。E=mail:Iwate.Nouminren@kamogawa.seikyou.ne.jp(アットマークを半角に)。ツイッター:@iwatenone 。


by iwanone
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite